不動産情報、土地、新築、エクステリア工事、水回り工事お家のことならお任せください。

 創エネ・蓄エネ

太陽光発電システム-photovoltaics system-

太陽光発電パネル
光熱費をとことん減らしたい。停電時も使える。

太陽光発電は、発電時に温暖化の主な原因と考えられているCO2を出しません。 つまり、わが家に太陽光発電を設置すれば、普通に暮らすだけで、CO2排出量や原油消費量を大幅に減らすことができ、 地球環境の保護につながります。

昼間の電気が太陽光でまかなえておトク。

昼間は、太陽光で創った電気でテレビやエアコンなどの家電を使い、電力会社の電気をあまり買わなくて済みます。
 

使わず余った電気は電力会社に売れておトク。

使った電気の量より、太陽光発電で創った電気の量のほうが多かったら、その余った電気は自動的に電力会社に買い取ってもらえおトク。これを「売電」といいます。
しかも、今なら固定額での買取なので、今後10~20年に渡って一定の収入になります。
(固定買取期間は、全量買取→20年間、余剰買取→10年間です)
売電価格は【全量買取】30年度:18円、【余剰買取】30年度:26円、31年度:24円と発表されました。
 
愛知県は年間の日照時間が長く、太陽光発電に適した土地柄ということもあり、その導入件数は全国トップです。(※H26年度 JPEA太陽光発電協会資料より)
年々上がる電気料金。しかも、賃貸から一戸建てになって部屋数が増えれば、それだけ電気代も上がります。
太陽の恵みを上手に生かさないのはもったいない!
新築を期に、太陽光発電システムの導入も検討してみませんか?もちろんリフォームにも対応しています。
 
ひとくちに太陽光発電と言っても、機器メーカーや設置業者によって金額も商品も様々。設置後の発電量やメンテナンスにも大きな差が生じます。
KDLではお客様にとって最善の組み合わせをご提案します。まずはご相談ください。
自治体が太陽光発電を応援。システム設置の際には補助金が利用できます。
自治体ごとの補助金を調べる→http://sumai.panasonic.jp/solar/subsidy_info.html
※国の補助金は終了しています。
蒲郡市・西尾市は30年度は補助金あります。(件数や金額に上限あり)
幸田町は29年度より補助金対象から外れました。

蓄電池-storage battery-

蓄電池
蓄電池を使うと、安い深夜時間に電気を貯めて、昼間はなるべく電気を買わずに貯めた電気を使います。また急な停電に備えることもできます。太陽光発電と合わせて使うと更におトクです!晴れた昼間は蓄電し、夜間や雨の日には貯めた電力を使います。
 
太陽光発電システムで発電した電気の“売電価格”は年々下降傾向です。
今後は売電ではなく、自家発電&自家消費という時代が来るのかもしれませんね。
自治体が蓄電池を応援。設置の時には補助金が利用できます。
蒲郡市の場合・・・https://www.city.gamagori.lg.jp/unit/kankyo/28ondanhojo.html
他の市町村の場合・・・https://www.kankyo-business.jp/subsidy/solar/state.php?state=aichi
30年度は、蒲郡市/幸田町/西尾市とも補助金があります。(件数や金額に上限あり)
 株式会社ケイディーエル
フリーアクセス:0800-200-8852
本 店
〒443-0104
愛知県蒲郡市形原町北双太山32
TEL.0533-57-6332
FAX.0533-57-6817
■ 塩津店
〒443-0046
愛知県蒲郡市竹谷町錦田9-1
TEL.0533-65-7880
FAX.0533-95-4788

・不動産業(宅地建物取引業)
・新築工事
・増改築工事
・リフォーム工事
・外壁のリフォーム工事
・宅内外の水道工事
・下水工事 雨水工事
・介護保険適用工事
・外構エクステリア工事

 
      
KDL本店(形原)