本文へ移動

■消費税増税と住宅購入

消費税増税から考える住宅購入

増税対策

2019年10月1日から消費税が10%になることが決定しました。

住まいづくりにおいては、8%増税時と同じように、今回も経過措置が取られます。

経過措置とは何か、増税による影響はどれくらいあるのか。

分かりやすくお伝えします。

経過措置ってなに?

10月1日以降の引渡しでも8%で住宅購入できます。

経過措置 基準日より
2019年10月1日以降の引渡しの場合、消費税は10%になります。
しかし、それより半年前の2019年3月31日(指定日の前日)までに建築請負契約を結べば、引渡しが2019年10月1日以降になっても、消費税8%が適応されます。
 
特に注文住宅においては、契約を結んでから完成・引渡まで4~6ヶ月くらいかかるのが一般的です。増税を気にせず、安心して納得いく家づくりを進めるために設けられたのが、経過措置です。
 
※ただし、”2019年4月1日以降”の契約内容変更事項につきましては、10%の消費税が掛かりますのでご注意ください。
また、消費税8%で購入した場合は、「すまい給付金」も8%時の金額で支給されます。(上限30万円)
 

10%になると、どれくらい変わる?

消費税 8%と10%で、金額差を比較してみましょう

項目
シミュレーション条件
(税抜き価格)
8%
10%
増額
建物総額
建物価格 2,500万円
2,500万円×1.08=2,700万円
2,500万円×1.10=2,750万円
50万円
住宅ローン
建物2,500万円
自己資金300万円 
35年返済 フラット35
金利1.34%の場合
借入 2,400万円
総返済額約 3,008万円
借入 2,450万円
総返済額 約3,071万円
約63万円
家具家電等
家具家電インテリア、引っ越し代などの費用 200万円
200万円×1.08=216万円
200万円×1.10=220万円
4万円
●消費税のかかるもの
建物本体、オプション費用(空調・エクステリア・カーテンなど)、家具・家電、仲介手数料、融資手数料、登記手数料、司法書士への報酬、引っ越し費用など
 
●消費税のかからないもの
土地、印紙(印紙税)、各種保険料(団体信用生命保険、火災保険、地震保険など)、ローン保証料、個人が売主の中古住宅など
 
シミュレーション上での増額は、50万円+63万円+4万円=117万円です。
※消費税がたった2%上がるだけでも、総額100万円以上の出費増になります。

情報収集はお早めに

家づくりを考え始めてから契約するまでにも、土地を探したり、建築業者を確定したり、ある程度の間取りを決めたりと、実際には結構時間がかかります。
また、増税直前になると「駆け込み需要」や「人件費・材料費の高騰」が予想されます。
 
あなたが、消費税8%のうちに注文住宅を…と考えるなら、「増税はまだ先のことだから」とは思わずに、今から動き始めましょう。
KDLは、土地探し・住まいづくりから、あなたと家族の家づくりをサポート致します。
 株式会社ケイディーエル
フリーアクセス:0800-200-8852
本 店
〒443-0104
愛知県蒲郡市形原町北双太山32
TEL.0533-57-6332
FAX.0533-57-6817
■ 塩津店
〒443-0046
愛知県蒲郡市竹谷町錦田9-1
TEL.0533-65-7880
FAX.0533-95-4788

・不動産業(宅地建物取引業)
・新築工事
・増改築工事
・リフォーム工事
・外壁のリフォーム工事
・宅内外の水道工事
・下水工事 雨水工事
・介護保険適用工事
・外構エクステリア工事

 
      
KDL本店(形原)
TOPへ戻る