本文へ移動

エアコンと何が違うの?

パネルシェード冷暖房システムとエアコンとの比較

パネルシェード
エアコン
冷水や温水を直接パネル内に通し、その輻射(冷輻射・温輻射)により室内を冷やしたり、暖めたりします。
冷暖房の方法
冷風や温風を強制的に室内に送り出します。送風による空気の対流によって冷房や暖房を行います。
温度変化が少なく室内の温度を均一に保つことができます。
但し冷暖房の効果が現れるまでに多少の時間がかかります。
冷暖房の効果
運転開始後すぐに冷暖房の効果が発揮されますが、設定温度に対して周期的に室温が変化します。
●肌への直接の風当りがなく、冷房病を抑制し、長時間の使用に向いています。
●暖房時は室温の上昇が緩やかなので、乾燥肌になりにくく、健康的です。
●送風音等は発生せず、無音に近い静けさです。
●チリやほこり等を舞い上げることはほとんどありません。
●運転停止後も室温をそのまま保ちやすく、持続性に優れています。
 
https://www.e-kdl.com/files/libs/1567/20180228170506866.jpg
利点や欠点など
●送風をコントロールすることにより、スポット的使用ができます。
●一般的に普及しているため、機種の選択肢がたくさんあります。
●室内の空気を循環させて送風するため、チリやほこり、ハウスダスト等が舞いやすくなります。
●モーターの送風音がします。
●暖房時は、乾燥肌になりやすいといわれています。
●冷房時は、冷房病になりやすいといわれています。
●室内機の内部結露が起きやすく、これはカビの原因になります。
●運転停止後の持続性に乏しいです。(室温の戻りが早い)

パネルシェード冷房/暖房の性能

冷温水により、輻射で部屋“空間”、全体を冷やしたり暖めたりするシステムです。
冷気・暖気を吹き出して室温を調節するエアコンとは、部屋の冷え方、暖まり方が根本的に異なります。
数々の画期的な特長をもち、次世代の冷暖房システムとして評価が高まっています。

冷房/暖房の性能比較

夏期/冷房時 

木陰の爽やかさをどうぞ
夏期/冷房時
■冷気が直接体に当たりません。
いわゆる冷房病の心配がありません。
■乾燥し過ぎることがありません。
エアコン使用時に起きる過度の乾燥が少なくてすみます。
■音が静かで、衛生的です。
風を起こさない冷輻射のため、室内は静かでチリやほこりの舞い上がりもありません。
■冷房しながら通風もできます。
輻射による冷房は、高窓を開けた通風を組み合わせることもできます。

夏期/冷房時

●表面温度熱画像
夏には冷水を流すことでパネルシェードの表面温度が約10℃になり、冷輻射で木陰の涼しさの生活環境を作り出します。
表面温度熱画像
●空気温度変化
空気の温度が細かく変動するエアコン冷房(右図)と異なり、冷水を用いた輻射冷房は、室内の温度が安定し、心地よい生活空間が実現します。
空気温度変化

冬期/暖房時 

日だまりの暖かさをどうぞ
冬期/暖房時 
■室内の上下の温度差が少なくてすみます。
輻射熱が壁や床にも伝わるため、 室内の温度を均一に保つことができます。
■室温が低くても心地よくすごせます。
輻射暖房は無風のため、 体から気化熱を奪うことがなく暖かく感じます。
■空気が汚れず、安全で衛生的です。
室内での灯油やガスの燃焼がないため、安全で衛生的です。
■省エネルギーの実現が可能です。
ヒートポンプ冷温水との組み合わせで省エネを実現しました。

冬期/暖房時

●表面温度熱画像
冬には、温水を流すことで、パネルシェードの表面温度が約35℃になり、輻射により空間を均一に暖めます。
表面温度熱画像
●空気温度変化
エアコン暖房(右図)は、温風により室温が変動しやすく、部屋の上下温度差も大きいですが、パネルシェード(左図)は室温が安定しています。
空気温度変化
 株式会社ケイディーエル
フリーアクセス:0800-200-8852
本 店
〒443-0104
愛知県蒲郡市形原町北双太山32
TEL.0533-57-6332
FAX.0533-57-6817
■ 塩津店
〒443-0046
愛知県蒲郡市竹谷町錦田9-1
TEL.0533-65-7880
FAX.0533-95-4788

・不動産業(宅地建物取引業)
・新築工事
・増改築工事
・リフォーム工事
・外壁のリフォーム工事
・宅内外の水道工事
・下水工事 雨水工事
・介護保険適用工事
・外構エクステリア工事

 
      
KDL本店(形原)
TOPへ戻る